home care
在宅医療

在宅医療とは
about

在宅医療(訪問診療)とは、癌や難病・重度障害者や認知症等で通院が困難な患者さんに対し、医療機関側がご自宅(施設)を定期的に訪問して診療し必要な処方や処置、検査をすることです。

医療は日常の一部でしかないため介護スタッフとの連携が欠かせません。

住み慣れた場所でよりよい生活を送るために医療機関としてできることを、患者さんにかかわるスタッフといっしょに考え取り組んでまいります。

診療内容

杉本クリニックは外来診療も行っておりますが、在宅療養支援診療所として訪問診療にも力を入れています。
患者さんの入居されている施設を、医療必要度に応じて定期的に訪問診療しています。24時間365日 電話対応 往診可能な体制をとっています。状態に応じて救急対応、紹介状の作成、介護保険申請に必要な書類作成などを行います。
インフルエンザ予防接種、肺炎球菌予防接種、ポータブルレントゲン、採血、採尿など

< 診療科目 >

内科(総合診療)・ 皮膚科 ・ 心療内科

連携医療機関

・ 山手台クリニック ・ 戸塚共立第1病院 ・ アペックスメディカル・デンタルクリニック ・ サンライズファミリークリニック ・ 全人クリニック
・ さとう内科クリニック ・ 浅野クリニック ・ 昭和大学附属烏山病院

受付時間・お問い合わせ

< 診療時間 >

在宅診療 | 9:00~18:00

< お問い合わせ >

杉本クリニック(在宅診療部)| TEL 045-530-3168

理事長挨拶
chief director message

当院は、在宅療養支援診療所として登録しています。
また医療機関との連携を積極的に行い切れ目なく診療提供できる体制を作っております。
患者さんやご家族とのコミュニケーションを大切にして、信頼関係を築いていくことを目指します。
あおい会 理事長 杉本 啓一
略歴 : 平 9年  昭和大学医学部卒

よくある質問
question & answer

Qどんな病状でも大丈夫でしょうか?

どんな病状でも大丈夫です。特に病名や病状でお引き受けできないことはございません。病気が進行した末期の方でもお看取りも行います。
・ がんの末期 ・ 認知症 ・ 難病 ・ 脳卒中後遺症
・ 呼吸不全、心不全、腎不全など各種臓器不全
・ 胃瘻、腸瘻、人工肛門、気管切開、在宅酸素など

Qお薬は持ってきてもらえるのですか?

薬剤師が訪問服薬として自宅(施設)に伺い、薬の説明を含めて指導して頂くことができます。 その場合は薬局から別途料金がかかります。
(介護保険で1回500~600円)

Qお金はどのくらい必要ですか?

在宅での療養は、ひと月に訪問する回数や治療内容(在宅酸素・インスリン自己注射など)で医療費が変わります。また、加入している医療保険負担の割合(1割から3割)、身障手帳の有無などにより負担額が変わってきます。詳しくはお問い合わせください。

Q診療費の支払いはどのようにすればよいですか?

診療費は、1カ月分まとめて請求しております。自動引き落としの手続きをしていただき、翌月に前月分をまとめてお支払いしていただいています。詳しくはお問い合わせください。