news
お知らせ

2018年06月01日

夏本番!あせもに気を付けましょう!

① 【あせもとは】

夏になり気温が高くなると、汗がふきだし衣類はベタベタに・・・。そんな夏の代表的な肌トラブルの一つがあせもです。
代表的な症状としては、痒みや、赤く小さなブツブツ、水ぶくれといったものです。
② 【なぜ、あせもができるのか】

あせもとは、汗をかきっぱなしにしてしまうと汗が汗管という所に詰まり、排出されないまま表皮内に留まり、炎症を起こしてしまいます。これがあせもです。
主にできやすい個所としては頭、額、首、肘下、膝下があげられます。
③ 【あせもは 痕になることもあります!】

あせもは、引っかいて化膿すると治りにくくなり、
治療を行わないでそのままにしていると症状が悪化し肌に痕が残る恐れもあります。
ですので、ほかの湿疹・皮膚炎と同じように早期に適切な治療を行うことが大切です。

・あせもができた時の対処法
細菌を抑える必要があります。そのため抗生物質を配合したステロイド外用剤を使用することで改善が見込まれます。

また、子供の場合は掻きすぎて潰してしまい、あせもだった箇所が化膿するととびひの原因になることもありますので、医師の判断のもと、適切な治療を行うことをおすすめします。当院には皮膚科医も常勤しております。あせもが気になる方はお気軽に当院へご相談ください。
④ 【なぜ、あせもができるのか】

・汗をかいたらすぐにシャワーや清潔な濡れタオルで拭き取り、肌を清潔に保ちましょう。
・吸湿性、通気性の良い素材を使った衣類を身につけましょう。
・エアコンや除湿機、扇風機を上手に使用し、室温や温度を調整しましょう。

センター北をはじめ地域の皆様のお肌のトータルケアを目指します。
お気軽にお問い合わせください^^